若々しさをキープ|ぼこぼこしたクレーター肌はレーザー治療で綺麗にしよう
女の人

ぼこぼこしたクレーター肌はレーザー治療で綺麗にしよう

若々しさをキープ

ウーマン

生活習慣も改善すること

シミやシワと同じくらい、見た目年齢を上げてしまうのが、顔のたるみであり、場合によっては10歳以上上に見られる可能性もあります。顔のたるみの原因はさまざまですが、大きくは肌の弾力の低下、表情筋や深層筋の衰え、姿勢の悪さなどが挙げられます。その中でも、弾力の低下は食事バランスや睡眠時間の確保、紫外線や乾燥など、いろいろな要因が関係してきます。美容クリニックで施術を受けることも1つの治療法ではありますが、たるみを作らない生活習慣を身に付け、施術の効果とのダブル効果で若々しさを持続することが重要です。対策法は、生活習慣の改善や紫外線・乾燥対策、顔や頭皮のマッサージ、姿勢を正すことなどが挙げられます。これら一連の習慣を身に付けることによって、施術の効果を少しでも長くキープすることが可能となります。

治療方法はさまざま

美容クリニックで行われる顔のたるみ治療は、フェイスリフトですとかリフトアップという表現が用いられています。そして、現在では医療の進歩によって、治療法を選択することが可能で、大きく4種類に大別することが可能です。その4つとは、顔面にメスを入れて切る方法、糸を用いてたるみを引っ張る方法、そして、照射や注射による治療があります。近年では、サーマクールのような高周波やウルセラという超音波を照射する治療法や、ヒアルロン酸や脂肪溶解剤を注射する方法がプチ整形として人気を集めています。これらの治療法は、ダウンタイムがほとんどないメリットがありますが、持続期間がサーマクールやウルセラでは6ヶ月〜1年、注射は3ヶ月程度とされています。したがって、定期的な通院が原則として必要となりますから、医師の技術に加えて設備、薬剤の品質など、多様な面で信頼できるクリニックを選択することが大切です。